« なんだかとっても不調・・・チェロレッスン4回目 | トップページ | あるがままで »

2014年2月25日 (火)

何が分からないのか整理

「弾き方が全然分からない!」
と頭がパニックになりそうな私ですが、
こんな時は、一つ一つ冷静に考えてみた方がよさそうです。

まず、何が「一番」分からないのか。
やっぱりアップからダウンへの「弓の返し」の動きですね。
アップの時の手の形、
ダウン弾き始めの時の手の形、
はたぶんオッケーです。
その二つをどう連動させるか、が分かりません。
アップで元弓まで来たときに、
主にどの指が弓を支えているのか、
弓を返す瞬間の小指の動きがどうなのか。
とりあえず、今すぐにでもこれを先生に確認したいです。

とは言っても、レッスンは隔週…。
2週間先まで分からないままでいるのがもどかしいです。
15分でもいいから、毎日レッスンを受けられたら…と切に思います。
左手に関しては、先日のレッスンで、「形はとても良い」
と言われたのがせめてもの救いですが、
とにかくレッスンまでに、「弓の返し」について、
少しでも光明を見出せたらなと思います。

あ、そうそう。
今日の練習では、ボウイングがしっくりこないのは、
チェロの角度に問題があるんじゃないかと思って
少し変えてみました。
以前から、自分のエンドピンを出す長さが短いように思っていましたが、
たぶん、チェロを立てすぎなのではないかと。
なので、エンドピンを今までよりも若干伸ばし、
チェロを寝かせて構えてみました。
たぶん、それで正解のような気がします。
今までよりも、体にフィットしているように思いました。
ボウイングに関しては、まだまだ試行錯誤です。

とにかく、ヒートアップしたりパニックに陥ったりせず、
冷静に練習を続けるのみです。
今、こうやって十分悩んでおいた方が、
後々楽になるかもしれませんしね。
(とでも思わないと辛い、というのもありますが。)

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« なんだかとっても不調・・・チェロレッスン4回目 | トップページ | あるがままで »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

チェロ初心者にとって、何がわからないのかもわからないような状態の中、弓の持ち方は特に手ごわいですね。
しかも、先生によってやり方が違うことも。

以前の先生は、親指、人差し指、薬指を使い、小指は使わないので弓の上に置く。
新しい先生は、親指、人差し指、小指を使う。中指、薬指は伸ばしているだけ。(ウエルナーの写真説明の感じ)

以前の先生に、「どの指に力を入れているんですか?」と聞いたら、ダウンでは人差し指、アップでは薬指と仰ってましたが、これも持ち方でいろいろなやり方があるのでしょうね。

参考までに、新しい先生がエンドピンの長さを身長153cmの私に合わせて決めてくれましたが、先の尖ったところから測って29cmでした。(こんなに伸ばすの?と最初はびっくりしましたが)

上達に向けて、手がかりになるようなものをお互いはやく見つけたいですね。

くらら様、いつもコメントありがとうございます。
エンドピン、やっぱり短すぎたようです。
私の身長は164cmですが、29㎝も伸ばしてませんでしたから…。
先生と私の身長はほぼ同じくらいなので、
先生と同じくらい伸ばしてみることにしました。

それから、弓の持ち方、先生によって千差万別ですね。
私の先生は親指と中指で弓を支え(支点にして)
人差し指、小指でバランス、舵をとれ、というような感じです。
どうも小指がキーポイントになるようです。
まだまだ、コツのようなものはつかめていない私ですが、
今後も当ブログにおつきあいくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/55133762

この記事へのトラックバック一覧です: 何が分からないのか整理:

« なんだかとっても不調・・・チェロレッスン4回目 | トップページ | あるがままで »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31