« 先生探しその後 | トップページ | 先生決めました »

2013年12月14日 (土)

ピアノトリオコンサート@職場

さて、チェロの先生探しの件ですが、体験レッスン1つ済みました。
来週もう一つの体験レッスン後にまとめて記事にしようと思います。

本日は、ちょっとしたコンサートに行ってきました。
私の職場には、エントランスホールに
スタインウェイのグランドピアノが置いてありまして、
地域住民の方との交流という事で、隔月程度で無料コンサートが開かれます。
無料といっても、出演される方はもちろんプロ。
とってもお得なコンサートです♪

今日は私の大好きなピアノトリオのコンサートでした。
今年最後かつ「クリスマス」コンサートという事で、
40-50人のお客様がいらっしゃいました。
今回は、全員女性のピアノトリオで、とても華やかです。
演目も、ポップスのアレンジとかではなく、
結構マニアックなレパートリーをじっくり聴かせてくれました。
演目は、
ヘンデル「ラルゴ」
ブラームス「ハンガリー舞曲第6番」
モーツァルト「ヴァイオリンソナタ第28番K.304. 2楽章」
シュターミッツ「チェロ協奏曲第1番2楽章」
ロジャース「My favorite thing」
ドボルザーク「ピアノ三重奏曲ドゥムキー」全楽章

と盛りだくさん!!
特にドボルザークのドゥムキーは聴きごたえがあって圧巻。
随所にチェロの美しい旋律があって、うっとりです。
ちょっと前に、生演奏で感動できない、という記事を書きましたが、
今日は演奏中ふと目をつぶってみました。
すると、音が何割増しかでクリアに耳に入ってくる気がしました。
聴覚だけで聴いている方が、体に音が自然に入ってくるようです。
どうも私、視覚情報が聴覚とバッティングしているのかもしれません。
演奏者を見てしまうと、どうしても手の動きとか弓の動きとかに気をとられ、
というか、それを見逃すまいとしているところがあったかもしれません。
そういう事はすべて頭から追い出して、
純粋に「聴く」事に集中した方がいいいのかな、と思いました。

というわけで、今日のコンサートは、半分くらい目を閉じていました。
これって、周りの人に「寝てる」って思われますかね。
ま、こういう聴き方もあり、ということで…。

アンコールには、クリスマスという事で
「清しこの夜」のピアノトリオバージョン。
耳タコになるくらい毎年聴く曲ですが、
ピアノ、ヴァイオリン、チェロが奏でると
それだけで「最高の曲」に格上げです。
私の個人的趣味では、ピアノトリオって最高の室内楽編成だと思ってます。
弦楽4重奏だと、なんか音の華やぎに欠けるような気もするし、
ピアノ5重奏になると、ちょっと音が多すぎな感じ。
ピアノ三重奏ってシンプルかつ、
各々の楽器の魅力が最大限に引き立っている感じです。

素敵なコンサートが聴けて、幸せを感じた師走の夜でした。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« 先生探しその後 | トップページ | 先生決めました »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/54261315

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノトリオコンサート@職場:

« 先生探しその後 | トップページ | 先生決めました »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31