« 発表会&ステップを目前にして | トップページ | 演奏動画 リスト「コンソレーション第3番」 »

2013年10月15日 (火)

ピアノの発表会終わりました

ピアノの発表会、無事終了しました。

まずは、息子のピアノですが、
初舞台にしては、物おじせず堂々と弾けていて、
成長を感じました♡
ソロの演奏は、椅子の位置がまずかったせいだと思いますが
いきなり1オクターブ上から弾き始めてしまいました。
聴いているこっちは、
「あ~!!やっちゃったよ~~!
どうやって収集つける気だろう~~」
と気が気ではなかったのですが、
途中で間違いに気づいた息子、
1オクターブ下がって、最後はきちんと終わりました。
でも、このアクシデント、曲を知らない人が聴いたら、
間違いに気がつかないレベルかもしれません。
途中で止まったり、何度もつっかえたりする事故はなく、
息子、よくやったと思います。

そして、息子との連弾ですが、
こちらは事故りまくりです!
超簡単な曲なのですが、途中でつっかえた息子、
「お母さん、最初から弾いていい?」と。
途中から弾ける力はないので、
「じゃ最初から弾いて!」
とステージ上でヒソヒソ話してしまいました(トホホ…)。
この間約5-10秒演奏が停止してしまいました。
リハーサルの時は上手くいってたんだけどね・・・。
親子ともどもいい経験になりました。

そして、私の演奏は、というと…。
全体としては、まずまずの出来だったと思います。
ただ、2箇所ほど、ミスタッチの後弾きなおしをしてしまいました。
音楽の流れを考えると、ミスタッチしても
そのまま突っ走るべきですが、
この曲(コンソレーション第3番)、バスをミスると、
響きが致命的になってしまうという弱点があります。
ミスタッチは、本質的な演奏の質にはあまり関係ないとはいえ、
やっぱり気になってしまいます。

演奏後、なぜミスしたか考えてみたのですが、
やはり左手に問題があるという結論に達しました。
バスを弾いた後に、跳躍して小指で黒鍵に着地する、
という動作で失敗しやすい。
また、舞台で緊張状態に陥ると、
バスの音を度忘れする危険性もあります(経験則)。
今週末は、同じ曲でステップに参加する訳ですが、
この点(左手)を重点的に練習しようと思います。
暗譜で、左手のみの練習に力を入れたいと思います。
今回のように、一度ステージで弾くと、
練習の時には見えてこない弱点が良く分かりますね。
ステップの前に、いつもこういう機会があるといいんですけどね。

あ、そうそう。
余談になりますが、発表会後の記念写真、
出演した子供達、(うちの息子以外)全員花束持ってたんです。
それを見て「あちゃ~失敗した~」と思いましたね。
前回までは、私一人で参加していたため、
子供達が写真撮影のために花束用意している、
という事をすっかり失念していました。
幸い、息子は花束など気にも留めていない様子でしたが、
次回からは、ちゃんと持たせてあげようと思いました。
(本音では、花束よりも演奏の出来が大切でしょうに…と思いますけど。)

さて、気を引き締めて週末のステップに臨むことにします。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« 発表会&ステップを目前にして | トップページ | 演奏動画 リスト「コンソレーション第3番」 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/53609488

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの発表会終わりました:

« 発表会&ステップを目前にして | トップページ | 演奏動画 リスト「コンソレーション第3番」 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31