« ステップの評価 | トップページ | 冬の生活必需品 »

2013年10月27日 (日)

突然弓が自由になった!?

前回レッスンで、恐るべき”後退”を呈してしまった右手。
その後、正しい(と思われる)形を鏡で確認しながら、
ひたすら開放弦を鳴らしたりして研究しました。

最初は、やせ馬のすすり泣きのような音しか出ませんでしたが、
無理に音量を出そうとせず、
ひたすら指と手首をリラックスさせ、
肘、肩が上がらないように気をつけ、
ゆーーっくりボウイングし続けました。

それを続けること数日、突如として
弓に腕の重さを載せる、という感覚が分かったんです。
ひ弱な音しか出なかったのが、
徐々にチェロらしい音に変わってきました。
(もちろん、自分比ですが。)
そして、更に数日たった現在、
力は全然入れていないのに、
弓が手の中にフィットして、
自由に動くようになった感覚があります。
チェロを始めて以来、ずっと悩まされてきた
「右手親指がフロッグの角に当たって痛い」
という問題からも解放されました。
今は、「多少当たっている」という感覚ですが、
これまでは、かなり痛みを我慢しながら弾いていた状態だったので、
確実に質的な差があります。

それに、左手も「トチ狂った」ような
外れた音が出る確率が下がった気がします。

今朝は、この自分の変化が
信じられないのと嬉しいのとで、少々興奮状態でした。
こういう事ってあるんですね。
まさに「三歩進んで二歩下がる」です。
そして、下がった後の進みは、最初よりも確実に早い。

なーんて、書いていますが
実のところは、自分の進んでいる方法が正しいのか
確証はありません。
次のレッスンで、また「全然ダメ」という事になるのかもしれません。
でも、確実に弾きやすくなった感じはするんです。
はたして、私の研鑚の結果やいかに?

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« ステップの評価 | トップページ | 冬の生活必需品 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/53716243

この記事へのトラックバック一覧です: 突然弓が自由になった!?:

« ステップの評価 | トップページ | 冬の生活必需品 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31