« 「人間不信」を克服したい | トップページ | ピアノの発表会終わりました »

2013年10月 9日 (水)

発表会&ステップを目前にして

今週の日曜日、ピアノの発表会があります。
そして、来週はピティナのステップに参加と、人前演奏が続きます。

私は、リストの”コンソレーション第3番”を弾きます。
「無理なく弾ける選曲」ということで選んだ曲ですが、
「無理なく弾く」と「美しく弾く」はまた別もの、
という事をこの3カ月でつくづく実感しました。
音はわりとすぐに追えるようになりましたが、
録音して聞いてみると、
フレーズが凸凹している、大きなフレーズ感がない、
音楽としての面白みが感じられない、
などイケてない部分がたくさんあります。
また、技術面でも左手の内声がワサワサしてうるさい、
というもの問題。
水面をうつろう光と影のように、しずかにきらめくように弾きたい…。

まあ、それでも開始当初よりは大分やりたい事ができてきました。
後は、本番度忘れしたり、
とんでもないミスタッチしない事を祈るのみです。

そして、1週間後はピティナのステップ。
同じ曲で参加です。
今回5回目ですが、
前回はかなりケチョンケチョンな評価を頂いてしまったので、
勇気をふりしぼっての再挑戦です。
でも、今回は「いい評価を狙おう!」
などと考えずに弾こうと思います。
評価を気にせず弾く、というのは私にとって至難の業です。
でも、状況的に今回はそれが可能かもしれない、と思います。
というのも、今回のステップ、私の演奏時間は夜7-8時の間。
全日程が終了して評価表を渡されるのは9時過ぎ。
ベビーシッターさんに子供達をお願いしての外出なので、
そんなに夜遅くまで会場で待っていられません。
自分の出番が終わったら、速攻帰ることにします。
結果(評価表)は、後日郵送も可能だそうです。
当日、ヤキモキして結果を待つよりも、
後日郵送の方が、
変な期待を持たずに結果を受け止められる気がします。
弾いてすぐに審判が下るという訳ではないので、
自分の演奏を客観的にふりかえる事も可能ですし、
何日もヤキモキするなんてしんどいので、
ある程度「どうでもいいや。」という心境になれるのではないかと…。

ま、後日郵送パターンは今回が初めなので、
実際はどういう心境になるのかわかりませんけれど。。。
とにかく、評価を気にして弾くと、
そういう演奏って審査の先生にも分かってしまう気がします。
自分が一番気持ちいい演奏を、自分のためにできれば、
と思います。

それから。
今回、息子にとっては生まれて初めての発表会。
直前まで「本当にこの曲弾けるの??」
とハラハラしておりましたが、
なんとか曲らしくなってきました。
ただ、問題はステージですね。
生まれて初めての体験、何が何だか分からなくなって
何も弾けなくなる、とか、泣きだす、
とかしないといいけれど…と超心配です。
いざとなると気弱な息子、心の中で応援するのみです。

親子ともども、頑張ります!

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« 「人間不信」を克服したい | トップページ | ピアノの発表会終わりました »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/53542707

この記事へのトラックバック一覧です: 発表会&ステップを目前にして:

« 「人間不信」を克服したい | トップページ | ピアノの発表会終わりました »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31