« 弓の"ガン見"はやめよう | トップページ | チェロレッスン8回目 »

2013年9月 2日 (月)

楽器選定1回目

昨日、念願のマイチェロ選定1回目に行ってきました。
「1回目」といいますのは、実は昨日では決定できなかったので、
後日「2回目」に臨むためです。

昨日、レッスン場所のサロンに行くと、
楽器屋さんから搬入されたチェロがずらりと4本並んでおりました。
テンション上がります♪
2本はドイツ製、2本はチェコ製のチェロでした。
ぱっと一目見たところ、チェコ製の一本は見た目がイマイチ。
変に黄色っぽいチェロで、「チェロっぽく」ない。
このチェロがいい音だったとしても、購入は迷うよな~という印象。
その他の3本は、其々に風合いの違った茶色で、
ルックス的には問題無し。
素人考えですが、やっぱりマイチェロは、
見た目も重要かなあ、と思います。
持っただけで、ルンルン気分になれるチェロがいいです。

そして、音ですが、
私が弾いてもよく分からないので、
先生に弾き比べていただきました。
4本の中では、ドイツ製の1本がよく鳴っていて、
お腹に響く心地よい音がしました。
例の黄色っぽいチェロは、やや軽い感じの音。
もう1本のチェコ製は、先生によると
「建て付けが今ひとつで弾きにくい。」そうです。
最後のドイツ製の1本は、最初のに比べると、やや音がこもる感じ。
この中から選べといわれれば、最初に弾いてもらったドイツ製です。

自分でも、ちょっと弾かせてもらったのですが、
確かに、先生が選んだものが一番弾きやすい感じがしました。
しかし、いかんせん私の技量では、
とても「弾き比べる」腕も耳も無く、
正直どれがいいのか判断しかねます。
もう、ここは先生の感覚に委ねたいです。

しかし結局、今回は決まりませんでした。
というのは、実は持ってきていただいたチェロ、
私が想定していた予算より3-4割安かったんです。
どうやら、その楽器店がいつも予算より高めの楽器を持ってくるので、
私の伝えた予算よりも低目に伝えてあったらしいです。

勿論、チェロの良し悪しは一概に値段通りとは言えない、
と先生もおっしゃっていましたし、
今回のチェロ(気に入ったドイツ製)も決して悪くはありません。
私には勿体ないレベルの楽器だと思います。
・・・でも、私はプロでもないし、
何本も所有したり、簡単に買い替えるなんて不可能です。
一生に一度のつもりの買い物ですから、
予算内でよりよい楽器を購入できるなら、そうしたいと思います。

ということで、、今回気に入ったドイツ製の1本に加え、
次回はもう少しお値段高めのチェロも持ってきていただくことになりました。
先生曰く、「チェコ製は当たり外れが大きくて、自分は好きじゃない。」
とのことで、次回はドイツ製に絞って持ってきていただくようです。

そうそう、弓も何本か持ってきていただいたので、
先生に色々試していただきました。
弓も、全然値段で良し悪しはわからない、と先生。
(私が選ぶレベルの弓では、という事ですけど。)
5-6本あった弓の中では、一番安かったものが、
一番良い具合でした。
でも、弓のほうも楽器が決まってから
もう一度弾いてみて決める事にしました。

次回は、2週間後です。
今度こそ、運命の出会いがあるような予感がします。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« 弓の"ガン見"はやめよう | トップページ | チェロレッスン8回目 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/53113582

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器選定1回目:

« 弓の"ガン見"はやめよう | トップページ | チェロレッスン8回目 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31