« ついにチェロを…買います!! | トップページ | 楽器選定1回目 »

2013年8月29日 (木)

弓の"ガン見"はやめよう

チェロで、一番最初に習ったのは開放弦のボウイング。
弓が弦に直角に!
ふらふら上下しない!
など気をつけることが沢山。

さらに、左手も加わってきましたが、
「左手の手元は見ないように!」
と言われ、意識的に左は見ないようにしました。

…その結果、
弓を"ガン見"してしまう癖がついてしまいました。
これまでは、楽譜なんて見る必要もないような練習だったので、
余計弓の動きを凝視するようになってしまいました。
最近、ちょっと長めの練習曲(のようなもの)も入ってきたので、
楽譜を見ながら弾いていると、
弓の動きが崩れている事が多々あります。
ちゃんと目で動きを確認しないと正しく動かせないんです。

これはいけませんね。
今後、当然楽譜を見ながら弾くようになるでしょうから、
今のうちに、弓を見ないと弾けない、
という状態を改善しようと思います。
ということで、練習中わざと楽譜を見て
(ほとんど1回弾けば覚えられるようなフレーズですが)
弓からは何となく目を逸らして弾くようにしています。
(視界の下の方にチラっと見えるくらい。)
こっちも、左と同様に、身体感覚で弾く、
というのを覚えさせないといけませんね。

ピアノは鍵盤見ずに弾くのは割と簡単な印象ですが、
これも慣れでしょうか。
ピアノは基本的に右も左も同じ運動をしてますが、
チェロは左右が全然違う運動ですね。
チェロを始める前は、単旋律の楽器って簡単そうじゃん、
とか思っていましたが、大間違いですね。
というか楽器の質が全然違うんですよね。
ピアノって、脳内で音楽を構成して指に出力しているというか、
「頭」で弾く楽器という感じです。
対してチェロは、全身の動きによって音を作り出す
「体」で弾く楽器、に思えます。
ま、其々に難しさの質が違う、という事ですね。

話が反れましたが、要するに
「チェロを弾いている」身体感覚をもっと研ぎ澄まして、
視覚に頼って弾いてはいけない、と思った次第です。
ほんっと、チェロって難しい!

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« ついにチェロを…買います!! | トップページ | 楽器選定1回目 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/53074119

この記事へのトラックバック一覧です: 弓の"ガン見"はやめよう:

« ついにチェロを…買います!! | トップページ | 楽器選定1回目 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31