« チェロレッスン4回目 | トップページ | ダイエット結果発表 »

2013年6月26日 (水)

オーケストラ楽器別人間学

オーボエ奏者である茂木大輔氏による著作です(2002年)。
面白そうなので、図書館で借りて読んでみました。

この本では、例えばフルート奏者はこんな生い立ちで、
こんな家庭環境でこのような成長過程を経て、とか
そのステレオタイプを面白おかしく推測したり
(楽器選択運命論)

長くその楽器に係わっていると、
その音色や、演奏時の肉体的感覚云々から、
このような性格的特性が生じる、と推測しています。
(楽器別人格形成論)

ま、著者のユーモアの効いた娯楽本なのですが、
これが中々楽しいです。
後半では、この人がオケに入ったらこの楽器担当!
というのを、著者の観察、推測によりあてはめられています。
芸能人から政治家、歴史的人物から漫画のキャラまで、
多方面にわたっています。

その中で、ウケたのは「アンパンマン」。
著者のアンパンマン分析によると、
「バイキンマンが行っている悪事に対しては、
その理由や経過に対する考察をする事はほとんどないままに
制裁を加えてこれを阻止することが日常」
「顔が水にぬれると力が出ないなど、健康面に不安がある」
とか、笑えます。
そんなアンパンマンに、著者があてがったのは“トランペット”。
「正義感、パワー、意外な繊細さ(バテやすい)などの全てが
トランペット奏者を指向している。」
そうです。
ワガママ全開のドキンちゃんは「オーボエ」
バイキンマンは「ファゴット」
(ドキンちゃんの下僕と化している悲壮感)
ドキンちゃんの憧れのしょくぱんまんは「フルート」
(高貴なイメージ)
ジャムおじさんは、酒豪っぽいので「トロンボーン」
(著者の知るトロンボーン奏者は「酒豪」揃いだそうで…。)
バタコさんは「クラリネット」
ですって。

そのほか、小泉純一郎元総理、松田聖子、高橋尚子、
武田鉄矢からデューク・トウゴウ(!)その他盛りだくさん、
著者の仮想オーケストラに加えられています!
「この人はこうこうだから、第2Vnの第3プルトの表!」
とか細かい所まで決められています。

ついつい私も、退屈すぎる職場の会議中、
「この人はホルン、彼はヴィオラ、
アイツは…虫が好かないから何もやらん!」
とか脳内妄想繰り広げてしまいました(…すみません)。

あ、この本、あくまで娯楽用です。
血液型占いとか、県民性による性格分析とか、
そいういうノリで楽しむと良いと思います。
(某レビューによると、
楽器未経験者や、真面目な内容を期待している人には
あまり評価高くないようです。)

それから、この茂木氏、
「のだめカンタービレ」製作にも協力されているそうですよ。
のだめのキャラ設定も、
この人のアイディアが大きいのかもしれませんね。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« チェロレッスン4回目 | トップページ | ダイエット結果発表 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/52183640

この記事へのトラックバック一覧です: オーケストラ楽器別人間学:

« チェロレッスン4回目 | トップページ | ダイエット結果発表 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31