« ベビーちゃんのお花のベスト編みました | トップページ | 「弦を切った」の、私だけじゃなかった! »

2013年5月29日 (水)

ピアノサークル

過去に数回、ピアノサークル参加を検討した事があります。
結局問い合わせの段階で参加を見送ったケースが多く、
一度は曲決めして連弾という段階まで話が進みましたが、
主催者の「押せ押せ」ムードに尻込みしてしまい、
実現には至りませんでした。

ピアノサークルに限らず、私は団体行動が苦手です。
空気を読んで、場の雰囲気を盛り下げないようにとか、
色々気をつかっているとげっそりと疲れます。

ピアノサークルの意義としては、
多様な音楽観をもった参加者と交流すること、
またその音楽を聴くことで
自分自身の音楽観を広げる事ができる、
モチベーションアップにつながる、
人前で演奏する機会ができる、
などが挙げられます。

このうち、「交流」というキーワードを除けば、
サークルに入らずとも
ピティナのステップに参加する事で十分に目的は達成できます。
私の性格上、あえて苦手な人間関係を広げる必要もない気もします。

それでもやっぱり、ステップでは得られないモノが
ピアノサークルにはあるような気もします。
とある方のピアノブログでは、サークルの醍醐味について
「下手なりの挑戦の姿と、その中に垣間見える人間性、ドラマ」
だろうと述べられています。
「上級者ほど場の空気が読めない方もいらっしゃる。」とも。
(私も空気は読めませんが、上級者ではありません。)
また、これもよく耳にする感想ですが、
「巧拙に関係なく、ピアノへの愛が伝わってきて感激!!」とか。

う~~む・・・。
どうも私は、「感動」の閾値が異常に高く、
生まれてこのかた、「感動」を覚えた生演奏なんて数える程・・・。
多分、「演奏の中に垣間見えるドラマ、ピアノへの愛」
を感じる力が弱いんでしょうね。
よく、参加規約に「参加者全員に敬意を払って暖かい拍手を!」
などと書いてあるのも目にしますが、
心にもない拍手をしている自分に嫌悪感を感じたり…。
また、自分の演奏も当然、「誰かを感動されられる」ピアノとは程遠いです。
そんな演奏に拍手をいただいても、困惑してしまいます…。

とにかく、人づきあいが苦手なのと、
「感動力」が乏しいのとで、
いまのところ、積極的にピアノサークルに参加したい、
という思いはありません。

ただし、これがチェロだったらどうでしょうか。
バリバリの初心者なので、全くの想像ですが、
チェロのサークルのイメージは、
ソロをお互い聴きあう、のではなく、
アンサンブルという形態をとると思うんです。
参加者が一つの目標を持って協力する、という形態は、
個人の「持ち時間」のつなぎ合わせで構成される事がほとんどの
ピアノサークルと大きく異なる点ではないでしょうか。
(いや、全くの想像なので現実が違ったらすみません。)
チェロのアンサンブルサークルだったら、
人づきあい苦手意識を克服してでも、ぜひとも参加してみたいと思う私です。

あ、そうそう。
前述のピアノブログの方、ピアノサークルに対しては、
何かと馴染めない点も色々あるが、それなりに楽しい経験もできるし、
色々な出会いがあったのは有意義だった、と述べられていました。
やっぱり、人それぞれ、違和感を感じる事もあるんですね。
ちょっと安心。
案外、私も苦手意識に目をつぶって飛び込んでみたら、
楽しいものなのかもしれません、ピアノサークル。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« ベビーちゃんのお花のベスト編みました | トップページ | 「弦を切った」の、私だけじゃなかった! »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/51819926

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノサークル:

« ベビーちゃんのお花のベスト編みました | トップページ | 「弦を切った」の、私だけじゃなかった! »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31