« チェロヒキーさん | トップページ | GW中の編み物 »

2013年5月 1日 (水)

チェロを始める上での、ちょっと不安な事

私、チェロブログなど書かせていただいてますが、
先日体験レッスンに行ったばかりで、
お恥ずかしながら、まだ正式なレッスンも始まっておりません。
(連休明けに初レッスンです。)

で、レッスン開始前に出来る事といえば、
チェロについて学ぶことくらいかな~と思い、
先日図書館で借りた本を読んで勉強しています。
読んでいて、少々不安になった事があります。
それは、チェロを含めた弦楽器の繊細さ、脆弱性。
細心の注意を払って取り扱わないと、
楽器が痛む、ともすれば破損してしまう、という事。
私の最大の短所の一つは、
物の扱いが乱暴で、すぐに物を壊すこと。
その欠点、大人になってからかなり気をつけていますが、
やっぱり人よりもよく物を壊します・・・。
この私に、はたして弦楽器の維持、メンテナンスができるのか。
不安です。
とりあえず、本で学んだ事は、

・本体をぶつけない、倒さない。
・駒は本体に固定されてる訳ではない!
 
  本体に立ててあるだけだったのですね。で、傾いた時の修正方法なども
 
  書いてあったのですが、下手に動かすと倒れて表板を割ってしまう!!
 こともあるらしいです。しばらくは、絶対に自分で動かしません、ハイ。
・車での持ち運びと直射日光について 
  車に乗せる時はケースの上から毛布でくるむ→
     万が一の時の衝撃を少しでも和らげるため
  絶対に直射日光下に放置しない。車内に5分でも放置しない。
 
 
 このあたり、人間の子供と一緒ですね。一瞬たりとも車内に放置は厳禁。
 うっかり、「ちょっとコンビニに寄って…」なんてのも、もっての他ですね。
 しかも、走行中冷房がかかっていても油断禁物との事。
 ケースの上から断熱シートかけた方がよさそうです。
 レッスンには車で通う予定なので、車での運搬の心得、
 肝に銘じておきます。
また、弓に関しても、
・椅子の上や床に絶対置かない!気づかずに座ったり踏んだりして割れる!
 これも肝に銘じます。弓がバキっと音をたてて割れるイメージが
 脳裏をよぎって身の毛がよだちます。
 
 
 
 
 
 
 
 
・演奏後の松脂の拭きとりは竿の部分だけ!毛には触らない!
 さっそく間違ってました。毛まで拭き拭きしてました。

本当に、弦楽器って繊細なんですね・・・知りませんでした。
自分の性格もあるし、まして我が家には幼児が2人。
取り扱いには細心の注意を払わないといけません!!
がんばります。

ところで。
こんな繊細な楽器の扱い、
3歳とかでバイオリンやチェロ習ってる子はどうしてるんでしょうか。
本人にできるとも思いませんが、必然的に
親がやってあげる事になるんでしょうか。
でも、弦楽器習うと、自分の楽器を扱う中で、
物を丁寧に扱う、大切に扱うとか自然に体得できそうですね。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

« チェロヒキーさん | トップページ | GW中の編み物 »

チェロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791981/51447307

この記事へのトラックバック一覧です: チェロを始める上での、ちょっと不安な事:

« チェロヒキーさん | トップページ | GW中の編み物 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31