2014年5月11日 (日)

嬉しはずかし(?)のチェロ発表会決定!

先日の左手負傷、痛みもそれほど無かったため
その後カットバンを貼って普通に生活していたところ、

縫合部分から感染して化膿してしまいました。
本日、抜糸して抗生剤を処方してもらいました。
やっぱり、無防備に濡らしたのがいけなかったか…。
まあ、すぐに治ると思います。

というわけで、受傷の3日後くらいからは、
チェロもピアノも普通に練習していました。
チェロも、ブログには書いていませんが、
月2で楽しくレッスンに通っております。
そして、昨日のレッスンの際、
ついに発表会のお話がありました。
「出ますか?」
と聞かれたので、
「出れるものなら出ます。」
と答えました。
「私にも弾ける曲なんてあるんでしょうか?」
と質問したところ、先生が出してきた楽譜は、
日本民謡の先生オリジナルアレンジでした。
しっとりしたいい曲のようだし、
選り好みできるような状態でもないので、
その曲を弾かせていただく事にしました。

発表会は7月です。
色々忙しい時期なんですが、
ちょこっと短い曲1曲弾くだけなら大丈夫だろう…。
と、いつもながら楽観視で出る事にしてしまいました。
さて、どうなることやら分かりませんが、楽しみです。

最近のチェロの具合はどうかというと・・・。
本当に少しづつではありますが、
先生の指導するボウイングの形が理解できてきたように思います。
もちろん、まだまだ「出来た」状態ではないのですが、
「こうすればいいんだな。」
という感覚が芽生え始めた、というような感じです。
出来ない生徒(私のこと)でも、ゆっくり待ってくれる先生で、
ストレスフリーでレッスンを受けられます。
この先生にして本当によかったと思います。
これからも、遅々たる歩みではありますが、
チェロの練習にいそしもうと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年5月 2日 (金)

左手負傷

不運というか、つい不注意で怪我してしまいました。
昨日、急いで夕食の支度をしていたところ、
ソーセージを切ろうとして、左手小指を包丁でザクっとやってしまいました。
やった瞬間、「あっ!これは結構深いかも!」
と思いつつも、ごはんを待っている子供たちがいますし、
とにかく夕食を作らねば…

ということで、無理やり押さえつけて止血して、
そのまま家事をこなして寝てしまいましたが…。

今朝になっても、傷の痛みは引くどころか、
ますますズキズキ…。
これはまずい、という訳で外科受診してきました。
結局2針縫うことになり、こんな事に…。

Dvc00042

まあ、明日にはキズバンに替えていい、
との事でそれほど重傷ではありませんが…。

何しろ、楽器が弾けません!
ピアノも、チェロも右手練習のみ。
さすがに、今朝はピアノの右手練習をするも、
痛みで心が萎えて、20分くらいしか練習しませんでしたが。
あ~あ、それにしても、今月末ステップだというのに。。。
早く練習再開できるようになることを祈ります。

そして、刃物の扱いにはもっと注意しよう、
と自戒の念しきりです。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年4月29日 (火)

憧れのショパンエチュード

三十路でピアノを再開して以来の私の夢、
「ショパンのエチュードを弾く。」
ただし、自分で勝手に遊び弾きするのではなく、
「レッスンの課題曲として」弾くこと。
だけど、今の先生は、
「弾きたいものは何でも弾いていいですよ。」
というスタンスなので、
自分から弾きたい、とは言いませんでした。
つまり、先生から「弾いてみましょう。」
と言われる状態になりたかったのです。

そして再開から屈折7年。
先生から「ショパンのエチュード弾いてみましょう。」
と、ついに言っていただけました。
もちろん、その中でも一番簡単な部類に入る曲を、です。
早速、、楽譜を購入しました。

1019

この曲を練習することになりました。



勿論、こんなに華麗に弾けるはずもないし、
この半分のテンポにもなるかどうか怪しいものです。
でも、長年かけてやっとここまで来たか、
と思うと感慨もひとしおです。

相変わらず、毎日いっぱいいっぱいで
ブログを書く余裕があまりないのですが、
ボチボチ頑張ります。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年4月 1日 (火)

ステップに申し込む

更新大幅減と言っておきながら、連日更新です。
実は、昨日ピティナのピアノステップに申し込みました。
消費税アップ直前で良いタイミングでした。
まあ、消費税の事は偶然なのですが、
これから年末にかけて多忙を極める事が予想されるため、
今回申し込んだ5月末のステップを区切りとして、
自分の趣味で休日を潰すのはしばらくお預けにするつもりです。
(レッスンは除く。)
コンサート、演奏会等に出かけるのも自粛です。

そんな意味を込めての参加なので気合が入ってしまいますが、
なるべく自然体で臨めれば、と思います。
前回参加したのは、確か去年の10月。
毎回これでもか、という程緊張するのですが、
評価を気にしすぎているからなんですよね。
評価を考えずに弾く、これは中々難問ですが、
何か良い本でも探して読んでみようかと思います。

曲は、これまたチャレンジングですが、
ベートーヴェンのピアノソナタ「田園」の4楽章を弾きます。
今の段階では、ようやく暗譜できたかな~という状態です。
何とか、ステージで弾けるよう練習していこうと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年3月31日 (月)

ヴァイオリンと(ピアノで)アンサンブル(録音あり)

前回更新からだいぶ間が空いてしまいました。
個人的な事情により、
ブログにかけられる時間が大幅に減ってしまったためですが、
ピアノ、チェロは変わらず練習しております。
編み物はめっきりご無沙汰です。
おそらく年内は、
多忙(というか精神的に余裕のない)状態が続くと思いますので、
ブログの更新は大幅に減るかもしれません。

さて、今回はとあるツテで、
ヴァイオリン講師の方とアンサンブルをさせて頂く機会がありました。
かねてから、弾いてみたかったグラズノフのバレエ"ライモンダ"より、
Grand Adagio、ヴァイオリンとピアノバージョンを合わせてみました。
合わせ練習1回のみで本番と、じっくり合わせる時間はありませんでしたが、
ヴァイオリンは極上で、うっとりする音色です。
私のピアノも何割増しかで聞こえます(自分には)。

録音してみましたので、ぜひお聴きください。
曲とヴァイオリンは極上です!



大きなミスはなかったのですが、最後ヴァイオリンが八分音符、
ピアノが三連になるところが合わなくて変な辻褄合わせになってます。
まあ、でもたった1回の合わせ練習でここまで弾けたので、
自分としては合格点ですが、心残りも…。
ヴァイオリンの先生、ごめんなさい…(∋_∈)

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年3月10日 (月)

出来ないけれど…安心感をもらう、レッスン5回目

日差しがだいぶ春めいてきました。
週末に、5回目のチェロレッスンに行ってきました。
この2週間、ボウイングについて悩みまくった私、
レッスン冒頭から疑問点を質問してみました。
まずは、「ダウンの弾き始めの時の、小指の位置。」
で、先生はそれに答えてくれるのと同時に、
なぜそうなのか、また小指の事だけを考えるのではなく、
他の指の位置、手首の位置がこうだから、
小指は必然的にここ…というように、
「一を聞くと十教えてくれる」感じなのです。
結果、あれもこれも聞かないと…
と思っていたことが、2-3の質問のやりとりで、
全て回答を得られたような気がします。
帰宅してから、この事実に気付いたのですが、
かなり驚きです。
私が何を分かっていないのか、
先生は的確に見通しているんだなあ、と…。

ただ、疑問が解決しても、
体がすぐに反応するか、と言えばそれは難しく、
どうすれば先生の説明のように体が動くか、
また試行錯誤は続きます。

それから、この2週間、
私はかなり焦りや不安を感じながら練習してきたのですが、
先生は、私が少しでもできたことや、進歩したことについて、
「だいぶ良いです。」「とてもいいです。」
と、小さなことでも認知してくれます。
そして、「今これができなくても全然大丈夫です。」
というように不安を払しょくしてくれる話し方をされます。
できていない点に関しての指導にしても、
全く生徒にストレスや劣等感を与えないような言い方をする先生です。
今回のレッスンに行って、
「ゆっくりペースでも、まあいいか。」
と心の持ち様が軽くなりました。

そして、今回もサービスで、
アジャスターのピンを先生のカスタム品と替えてくれました。
(無料でやってもらってとても恐縮です。)

959

丸いピンの部分は木製、
ネジはタングステンだかモリブデンだか、
両方の合金だか失念してしまいましたが、
元々ついていた真鍮製のネジよりも硬度があり、
音に張りがでるそうです。
先生が、これをつけて私のチェロを弾いてくれましたが、
毎度ながら、
私のチェロからこんないい音がするなんて、信じられない!!
というくらい素晴らしい音が出るんですよね…。
私が、その音を出せる日は来るのでしょうか。

ゆっくりゆっくり頑張ります。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年3月 3日 (月)

駒の近くを弾く→茨の道

新しい先生になって2か月あまり、
先生によって弾き方、教え方が全然違うとしみじみ実感しています。
その中でも、二人の先生で全然違うのが
弦のどの辺を弾くか、という問題。

入門書などを読むと、
「なるべく駒に近い位置に弓を当てる」派が多いですね。
チェロを始めたばかりのころ、
私もどこかでそういう情報を仕入れて、そうしてみたのですが、
前の先生には、「もっと上で弾くようんに。」と言われました。
確かに、その先生の演奏を見ていると、
指板が途切れたすぐ下あたりを弾いていました。
ともすると、指板の上を弦がかすっているような時もあります。
そして、指板の下端あたりは、松脂で白く汚れていました。
指板が松脂で汚れている、というようなチェリストを見たのは初めてでしたが、
そもそもチェリストを間近で見た人数も限られているので、
その時はそういうものか…と思い、
私もかなり上の方で弾くようにしていました。

それが一転、
新しい先生にかわると、「なるべく駒の近くで弾きなさい。」と言われました。
そして、その理由について
「上の方を弾くと、確かに音は出しやすいけれど、
弱弱しい音になってしまう。
音を出すのに苦労するけれど、駒寄りを弾いた方が
芯のある太い音が出るから。」
と実演つきで説明してくださいました。

というわけで、また最初に戻って、駒寄りを弾くようにしています。
実際、前の先生と今の先生の音を比べたら、
今の先生の音の方が断然私の好みなので…。
前の先生のチェロは、
確かにどこか迫力というか勢いがなかったような気がします。
ところが、駒の近くを弾く、というのがかなり曲者です。
特にC線。
元弓はまだいいのですが、弓先に行くにつれ、
やせ馬のすすり泣きか、首を絞められた鶏の悲鳴のような音になり、
聴くに堪えません。
指板近くを弾いていた時には味わえなかった苦労です。
一体どうしたらまともな音が出るのか、
この2週間悶々としています。
次回レッスンでは、このC線の悩みを一番に先生に聞いてみたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年2月26日 (水)

あるがままで

最近ブログの更新が滞っていたのですが、
その理由は「チェロが不調だから」でした。
上手くいってない事をブログでさらけ出すのが嫌だったんですよね・・・。

でも、あるがままに自分の気持ちを書いてしまって
すっきりしました。
自分の中のちっぽけなプライドが、
上手くいっていないのを人に知られたくない、
とか考えていたんですね。
でも、そんな事を吹っ切って書いてみたところ、
色々コメントも頂けたりして本当に良かったです。

そもそも、他人のブログで考えてみれば、
「私のチェロ、いつも絶好調♪メキメキ上達中♪♪」
なんて記事書いてあっても、
たとえそれが事実であったとしても
そんなブログに興味はそそられませんよね。
自分の悩みや疑問をどんな風に解決し、乗り越えているのか。
私が読みたいのは、そんなブログです。

ということで私自身も、
全然先が見えてこない中での悪戦苦闘を、
日々ありのままにつづっていこうと思います。
こんな私でも、いつの日か「やったー!!」
と思える演奏ができる日が来ることを願っています。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年2月25日 (火)

何が分からないのか整理

「弾き方が全然分からない!」
と頭がパニックになりそうな私ですが、
こんな時は、一つ一つ冷静に考えてみた方がよさそうです。

まず、何が「一番」分からないのか。
やっぱりアップからダウンへの「弓の返し」の動きですね。
アップの時の手の形、
ダウン弾き始めの時の手の形、
はたぶんオッケーです。
その二つをどう連動させるか、が分かりません。
アップで元弓まで来たときに、
主にどの指が弓を支えているのか、
弓を返す瞬間の小指の動きがどうなのか。
とりあえず、今すぐにでもこれを先生に確認したいです。

とは言っても、レッスンは隔週…。
2週間先まで分からないままでいるのがもどかしいです。
15分でもいいから、毎日レッスンを受けられたら…と切に思います。
左手に関しては、先日のレッスンで、「形はとても良い」
と言われたのがせめてもの救いですが、
とにかくレッスンまでに、「弓の返し」について、
少しでも光明を見出せたらなと思います。

あ、そうそう。
今日の練習では、ボウイングがしっくりこないのは、
チェロの角度に問題があるんじゃないかと思って
少し変えてみました。
以前から、自分のエンドピンを出す長さが短いように思っていましたが、
たぶん、チェロを立てすぎなのではないかと。
なので、エンドピンを今までよりも若干伸ばし、
チェロを寝かせて構えてみました。
たぶん、それで正解のような気がします。
今までよりも、体にフィットしているように思いました。
ボウイングに関しては、まだまだ試行錯誤です。

とにかく、ヒートアップしたりパニックに陥ったりせず、
冷静に練習を続けるのみです。
今、こうやって十分悩んでおいた方が、
後々楽になるかもしれませんしね。
(とでも思わないと辛い、というのもありますが。)

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

2014年2月24日 (月)

なんだかとっても不調・・・チェロレッスン4回目

週末に3回目のレッスンに行ってきました。
でも、なんだかブログを書く気分になれないんですね…。
というのも、やっぱり私、
またしても「弓の持ち方が分からない」状態に陥っています。
教わった瞬間は、「あ、そうか!」
と思うのですが、帰宅して自分でやってみるとしっくりこない。
何が違うのかもよく分からない。
先生は、私がよく理解できていない事を伝えると、
手を変え品を変え一生懸命に説明してくださり、
私も頭では理解できた気がするものの、
実際その通りに動かせない感じです。
私って、よっぽど飲みこみが悪いのか…
と落ち込みます。
今日はもう、練習していて「もうイヤ!」
と思ってしまいましたが、
それでもチェロを弾けるようになりたい、
という思いは変わりません。
とりあえず、焦ったりヤケをおこしてもプラスにはならないですし、
地道に試行錯誤するしかありません。
一体いつになったら、私かチェロを弾ける日がくるのか。
先はちっとも見えませんが、
とにかく毎日チェロを触って、
体が自然に体得するまで頑張るしかないですね。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

«娘のチュニック編みました

フォト
無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31